染まる仕組み

S__27590693
先日少し遅れて紅葉を見に湖東三山を散歩してきました。

やっぱりだいぶ葉が落ちてしまっていてか金剛輪寺と永源寺を回りましたが紅葉狩りとは言えず、気が付けばお散歩w

まぁ寺社仏閣をめぐると気持ちがしゃんとしていい気分転換になるのでそれはそれなんですが。。。
永源寺は愛知川も近くマイナスイオンにだいぶ癒されたように思います。

ところでなぜ秋になると木々の葉は黄色や赤く色を染めるのか
ちょっと気になったのでお勉強

落葉樹の夏の葉の多くは緑色で、これは葉の葉緑素(クロロフィル)が大きく関与していて、仮にこれを緑の粒と例えるなら、同じように黄色の粒もあるそうです。

ただ夏の葉は太陽光の恩恵でたくさんの光を浴びて活発に光合成を行います。
そのため黄色の粒よりもだんぜん多く緑の粒が増えるため、黄色は隠れ緑色に見えるとのこと。
S__27590689
秋になり太陽光が弱ると葉緑素の活動は弱まり、緑の粒が壊れていきます。
そうすると葉中の黄色の粒(カロチノイド)が表面に浮かぶことでイチョウなどの黄色い紅葉は生まれるそうです。

ちなみにひとくくりに紅葉とはいうものの
赤色・・・紅葉(こうよう)
黄色・・・黄葉(おうよう)
褐色・・・褐葉(かつよう)
と本来呼び方もちがうそうです。

赤く染まる仕組みは黄色とは別のようなので興味があれば調べてみてください