しっかり計画お金のこと

『土地、建物以外でかかるお金』

土地、建物以外でかかるお金

家づくりにかかるお金や考え方について学び、マイホームの実現を目指している引山さんファミリー。
お金についてもいろいろ大切なことを覚えてきましたが、まだまだ知っておかなければならないことがたくさんあります。

注文住宅を建てる場合にかかる総額ってどれぐらいでしょう?
当然それぞれの予算で大きく変わりますが、家づくりは「土地」と「建物」の金額だけで考えていては大変なことも学んできました。
家づくりにかかる総額についての考え方を詳しく知りたい引山さん夫婦はまごころ住宅に聞いてみることにしました。

引山パパ

注文住宅って、土地と建物の他にもいろいろなお金が掛かるんやなあ。

引山ママ

そうねえ。「契約と支払いのタイミング」で教えてもらった項目、すごかったわね!

引山パパ

うーん、細かすぎて頭がクラクラしたけど、どれも大切な契約と支払いだからな。

引山ママ

土地と建物にアレを合わせたら総額でいいのよね?

引山パパ

たぶん、そうやと思う・・・って、もしかしてまだあるの?

引山ママ

パパ、悩んだ時はまごころさんよ!教えてー!まごころさーん!

まごころ住宅

はい!まごころ住宅の住田です!
家づくりの総額、どれくらいになるのかはしっかり考えておかなければいけませんね。
「契約と支払いのタイミング」では、家づくりで発生する契約や、それに関わるお支払いの内容についてお話をしました。

引山パパ

しっかり自己資金としてお金を置いておかなあかんなあと思いました。

引山ママ

家づくりのどのポイントで契約と支払いがあるのか分かったわ。

まごころ住宅

こういった土地、建物以外にかかるお金を「付帯工事費」と「諸費用」と言います。
つまり、家にかかる総額は・・・

『土地代+建物代(本体工事費)+付帯工事費+諸費用』

という組み合わせになります。
「契約と支払いのタイミング」に出てきた項目は「付帯工事費」と「諸費用」に含まれるものばかりです。
その中に登場していなかったものもあるので、今回はこの「付帯工事費」と「諸費用」に分けてお話ししていきます。

引山パパ

あー、やっぱりまだあったんやー。

まごころ住宅

ちなみに、住宅の価格というのは本体工事費のことで、「家だけにかかる工事費」です。
なので、敷地内の庭やビルトインガレージではない駐車場や門扉などの外構は付帯工事になるのです。

引山ママ

「追加費用って何?」に出てきた「エアコンの取り付け工事」も付帯工事になるのね?

まごころ住宅

はい、その通りです。総額を考える際、土地代と建物代は分かりやすいのですが、それ以外の項目で見落としがちなものがあるので、しっかりチェックして、家づくりの総額を把握してくださいね。

付帯工事

解体工事
購入した土地に古い家屋が残っている場合の解体工事
地盤改良工事
地盤調査の結果、弱い地盤だと判明した場合の地盤補強作業
造成・整地工事
「宅地造成規制法」に準拠した宅地でない場合に必要な工事
屋外給排水工事
道路から敷地内に給排水菅を引き込む工事。水道引き込み工事
屋外電気工事
道路から敷地内に電気配線を引き込む工事
屋外ガス工事
道路から敷地内にガス管を引き込む工事
仮設工事
工事に必要な足場を組んだり、現場で使用する電気や水道を引き込む工事
外構工事
門扉、フェンス、庭、駐車場などのエクステリアの工事
造園工事
芝を敷いたり植栽など庭をつくるための工事
エアコン取り付け工事
部屋にエアコンを取り付ける際の工事
カーテン工事費
部屋にカーテンやレール、ブラインドなどを取り付ける工事
 

諸費用

土地購入仲介手数料
土地購入の際に不動産会社に支払う仲介手数料
地盤調査費
地層ごとの支持力や建物が建ったときに予想される沈下量を計測
建築確認申請費
建築基準法などに適合しているかの審査のために行政や審査機関に申請
登録免許税
土地の登記申請や建物登記申請、所有権保存登記の際に支払う税金
登記手数料
登記申請の際に司法書士や土地家屋調査士に支払う報酬や必要書類を揃えるための手数料
住宅ローン手続き関連費用
手数料、保証料、団体信用生命保険料、印紙税など
つなぎ融資手続き関連費用
手数料、保証料、団体信用生命保険料、印紙税など
印紙税
各種契約書を作成する際に使用する印紙代
火災保険料
注文住宅でローンを組む場合は必須になることが多い
式典費用
地鎮祭や上棟式のために必要な費用
水道加入費
新しく水道を使用するための権利金。自治体によって必要
近隣挨拶費
着工前にご近所の方々に挨拶の際に持って行く手土産
引越し費用
新居に引越しをする際の費用
不動産取得税
不動産を取得した際に課される税金
固定資産税
土地や建物などの固定資産の所有者に課される税金

まごころ住宅

おおよそですが、目安として「本体工事費:付帯工事費:諸費用=7:2:1」の割合になると言われています。(土地の条件によって変わる場合はございます)
例えば土地が1000万円、建物(本体工事費)が2000万円といっても、総額3000万円というわけにはいきません。

引山パパ

ですよね?実際の総額は結構変わるな・・・えっーと、いくらかな?

引山ママ

まず土地代1000万円はそのままとして、本体工事費と付帯工事費と諸費用を足した金額の7割が2000万円になると考えたら、電卓電卓・・・2000万円÷0.7=2857万1428円か。

引山パパ

土地代と合わせて3857万!857万円の差は見落とせないよー!

まごころ住宅

家にかかる総額を考えるときには、土地と建物以外にかかるお金を見落とさないように気をつけてくださいね!
またこのリストの多くが自己資金での支払いになるので、必ず当座の生活費も含めた余力を残して資金計画を作るようにしましょう。
まごころ住宅のファイナンシャルプランナーがお待ちしておりますので、いつでもご相談くださいね。